FC2ブログ

【CSGO】初心者におすすめなautoexec.cfgファイルの設定

【CSGO】初心者におすすめなautoexec.cfgファイルの設定


//項目1
cl_interp “0”
cl_interp_ratio “1”
cl_interpolate “1”
cl_lagcomp_errorcheck “1”
cl_lagcompensation “1”
rate “786432”
cl_cmdrate “128”
cl_updaterate “128”
snd_mixahead “0.025”
con_enable "1"
fps_max “999”
fps_max_menu "150"
cl_smooth “1”
cl_smoothtime “0.01”
cl_disablefreezecam “1”
cl_autowepswitch “0”
cl_teamid_overhead_always “2”
cl_color "3"
cl_radar_always_centered “0”
cl_radar_scale “0.3”
cl_hud_radar_scale “1.15”
cl_radar_icon_scale_min “1”
cl_radar_rotate “0”
cl_radar_square_with_scoreboard “1”
mat_queue_mode 2
snd_mute_losefocus“0”
engine_no_focus_sleep "0"

//クロスヘア内容
//CROSSHAIR CVARS
//~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

cl_crosshair_drawoutline "1.000000"
cl_crosshair_dynamic_maxdist_splitratio "0.35"
cl_crosshair_dynamic_splitalpha_innermod "1"
cl_crosshair_dynamic_splitalpha_outermod "0.5"
cl_crosshair_dynamic_splitdist "7"
cl_crosshair_outlinethickness "1.000000"
cl_crosshair_sniper_show_normal_inaccuracy "0"
cl_crosshair_sniper_width "1"
cl_crosshair_t "0.000000"
cl_crosshairalpha "250.000000"
cl_crosshaircolor "3232.000000"
cl_crosshaircolor_b "0.000000"
cl_crosshaircolor_g "0.000000"
cl_crosshaircolor_r "0.000000"
cl_crosshairdot "1.000000"
cl_crosshairgap "-1.000000"
cl_crosshairgap_useweaponvalue "0"
cl_crosshairscale "0"
cl_crosshairsize "1.300000"
cl_crosshairstyle "4.000000"
cl_crosshairthickness "0.500000"
cl_crosshairusealpha "100"
cl_fixedcrosshairgap "3"

//~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

//項目2
host_writeconfig

解説


cl_interp “0”
ヒットボックスのズレを修正してくれる

cl_interp_ratio “1”
ラグを減少してくれる

cl_interpolate “1”
なんかオフラインなど超Ping低い時はヒットボックスより、
スキンのほうが前に出るらしく、初弾が当たらなくなるらしいんで、
それを防ぐための設定らしいっす。
相手ヒットボックスがスキンより前に出るのを防ぐ設定。
分かる人には分かる。

cl_lagcomp_errorcheck “1”
プレーヤーの位置のエラーをチェックするらしいっす

cl_lagcompensation “1”
ラグってる時に、相手に撃ったはずなのに弾が当たらん!という
現象を軽減するために、ヒットボックス判定をスキンよりも
後に「遅らせる」ことで弾が当たるようにできる設定らしいっす。

rate “786432”
よくわからんがこれで設置しとけというお達し
サーバーから受け取るデータ量の話らしいす

cl_cmdrate “128”
サーバーからの受け取る情報の回数

cl_updaterate “128”
サーバーからの受け取る情報の回数

snd_mixahead “0.025”
音の遅延が改善されるらしいす

con_enable "1"
コンソールを有効にするらしいす

fps_max “999”
最大FPS999

fps_max_menu "150"
メニュー画面のfps上限150

cl_smooth “1”
表示なめらか

cl_smoothtime “0.01”
cl_smoothで使用する時間

cl_disablefreezecam “1”
キルカメラをオフにする

cl_autowepswitch “0”
武器を勝手に拾って持ち替えるのを防ぐ設定

cl_teamid_overhead_always “2”
対戦マッチでチームメートカラーと文字を表示

cl_color "3"
レーダーに映る自分のマーカーの色を青にする

cl_radar_always_centered “0”
自分をミニマップの中心に置かない設定

cl_radar_scale “0.3”
ミニマップの縮尺を小さくすることでマップを広く見渡せる設定

cl_hud_radar_scale “1.15”
レーダーのHUDスケールを大きくする設定

cl_radar_icon_scale_min “1”
ミニマップ上の味方の位置マークを大きくする設定

cl_radar_rotate “0”
ミニマップの回転をオフにする設定
オンにしたい場合は、1にするだけ。

cl_radar_square_with_scoreboard “1”
Tabキーを押した時に全体の拡大マップを表示する設定。

mat_queue_mode 2
2に設定することで、マルチスレッドモードのCPUでCSGOをプレーできる設定。
FPSが上がるらしい。

snd_mute_losefocus“0”
裏画面時音量オン

engine_no_focus_sleep "0"
裏画面戻り時FPS低下防止

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Post a comment